百科事典

百科事典


公開日
2019年4月19日
Message Sharer Tweet

想像する楽しさとその想像がはずれた時のくやしさ。

あそぶ人数
あそぶ人数
制限なし
使う時間
使う時間
--

進め方

百科事典(1-1)

❶各グループの代表に模造紙、古新聞、マジック(赤・黒)を配ります。
❷古新聞の上に模造紙を置き、それを中心にして、各グループごとに円陣をつくります。
❸各グループごとに図のような枠をつくり、リーダーの発表した項目と頭文字を書きます。
❹支援者の合図でグループの全員で相談しながら、項目ごとに指定された頭文字で始まる名前を1マスに1つずつ書きます。(例:『な』ではじまる都市は『長野市』や『長崎市』など)
❺他のグループが書きそうもないものを書き入れます。
❻全グループが書き終わったところで、項目ごとに、1グループ毎発表します。
❼あるグループの発表と同じものが書いてあったら、その名前は全部×になります。
❽他のグループとかち合わなければ○となります。
❾全項目を発表して、○の多いグループの勝ちとなります。

ポイント

◎発表方法の工夫
◦発表されたものと一致した時と一致しなかった時のグループの表現の動作を決めておくと良いでしょう。(例:一致してしまったら『オー・ノー』と両手を広げ、一致していなかったら『バンザイ』と叫ぶ、など)それによって発表したグループの答えと他のグループが同じか、違うかがすぐわかるからです。
◎点数配分に考慮
◦あまり得点差がある状況が生じたら、最後の3つ位は得点を上げても良いでしょう。又は、後半得点を2倍にして逆転可能にしてあげます。
◎博士役を決める
◦あまり聞いたことのないような答えが出てくる可能性があります。そんな時は、全体の中で知っている人がいたらOKとしたり、事前に「博士」役を決めておき、博士の判断に任せても良いでしょう。つまり、問題が起きたら素早く処理することが肝心です。
◦全員で判断するという展開もよいでしょう「ただ今の解答に対して○か×かを判断します。みなさん個人個人で判断します」

参加者への配慮

○高齢者
 視覚化し、当たればそこに紙で作った花を飾る工夫を。答えを出すことに時間がかかるためあせらず、時間をかけることが大切。1回目で初めてこのゲームのやり方が理解できると思うので、2~3回やってみることも大切です。月1回実施するなど、継続的な取り組みにすると日頃から覚えようとする学習意欲に繋がります。
○子ども
 発達段階に応じて、項目を決めるのがよい。例えばある項目は○を2点し、ほかは1点で計算したりして、ボーナスゾーンを設定しても楽しい。
 学習の教材としても活用できる、絵を描かせても可。
 項目の設定による学習との関係が生まれてきます。個々に力を結集することを目的に展開しましょう。
一覧へ戻る