組鬼(別名:追い出し鬼ごっこ、玉突き鬼、ブロンコタッグ)

組鬼(別名:追い出し鬼ごっこ、玉突き鬼、ブロンコタッグ)


公開日
2019年3月27日
Message Sharer Tweet

安全地帯のある鬼ごっこの変形型。突然逃げ手が変わることの突発性が楽しいゲーム

あそぶ人数
あそぶ人数
5人から
使う時間
使う時間
--

進め方

❶2人組になり、全体で円を作ります。それぞれの2人組の間は1m程度間隔を空けます。
❷2人組のうち、1組を指定して中央に出てもらいます。
❸中央の2人でジャンケンをして、それぞれ逃げ手と鬼になり、円から離れないように追いかけっこをします。逃げ手が2人組の一方にタッチすると、組を構成するパートナーが新たな逃げ手となって、追いかける人からつかまらないように逃げ手になります。逃げ手と鬼の役割を明確にするため、「タッチ!」と声を出すと良いでしょう。
❹鬼が逃げ手を捕まえたら、立場が交替します。

ポイント

◎逃げ手と鬼の役割を明確に
◦支援者が実際動きながらルールの理解を促します。
◦「逃げ手」と鬼がわかるように、帽子を使って誰が今、逃げているのか、追いかけているのかが一目瞭然となるようにするなど、工夫が必要です。
◦最初は、走らずに歩いて逃げると、ルールの理解が深まります。
◦逃げ手も「鬼が来たー!」のように、言葉を出すようにするとメリハリが出ます。
◎あそびスペースの明確化とアレンジ
◦円の外に逃げる場合があるので、逃げる範囲を事前に決めておきましょう。
◦2人組以外に「この場所は安全であるスペース」を設けて、そこには20カウントで出なければならない、等の追加ルールも楽しめます。
◦「氷鬼」を組み合わせると面白さが増し、運動量もハードになります。
◦2人組、3人組、4人組と増やしても楽しめますが、5人で円陣をつくり中にひとり入り展開することもできます。円陣に入ってきたら、中の人が次の逃げる人になります。

参加者への配慮

○子ども
 熱中してしまう場合、勝敗とルールの順守を明確にすること。様々な判断が必要とされるとき、審判の態度が重要になります。的確なジャッジを行いましょう。
 逃げる方がどうしても優位になりますので、鬼がつかれてしまいますので、なかなかつかまらない時は支援者が「鬼の交替」を決断をしましょう。
一覧へ戻る