天狗の鼻

天狗の鼻


公開日
2019年3月6日
Message Sharer Tweet

相手と向き合ったときの緊張感と、勝っても負けても出てくるなごやかな笑い。そしてその対戦をみる者にとっての面白さ。相手の目をみつめる、つられる面白さ。

あそぶ人数
あそぶ人数
2人から
使う時間
使う時間
--

進め方

①2人で向かい合い、ジャンケンをして勝った人が先攻になり、先攻が攻撃側、後攻が守備側になります。
②お互いに両手でげんこつをつくり、鼻の上に重ね、天狗の鼻のようにしてかまえます。
③先攻から「鼻・鼻・鼻ーーあご!」「鼻・鼻・鼻ーー鼻!」などと大声を出しながら、手を移動したり、その場にとどめたりします。最初は必ず鼻からスタートします。移動するところは攻守とも “おでこ” “あご” “右のほお” “左のほお” “鼻” のいずれか5ヶ所です。「鼻・鼻・鼻ーー鼻!」の場合は、腕を前後に動かします。
④このとき守備側も攻撃側と同時に手を動かします。攻撃側と同じ方向に手を動かしてしまうと、守備側の負けになります。「ほっぺ」は向かい合った「ほっぺ」が鏡のように一緒になるとアウトになります。同じ方向でなければ攻守を交替し、勝負がつくまで続けます。同じ方向に手を動かしてしまうと守備側の負けになります。同じ方向でなければ攻守を交替し、勝負がつくまで続けます。

ポイント

◎気合いと元気が大切
◦守備側の動作を引き込むような「大きな声、堂々とした動き」で行いましょう。
◦慣れてきたら、フェイントをかけるとさらに楽しめます。
◦相手と息を合わせることができるようになったら、「鼻・鼻・・・」という掛け声ではなく、2人で決めるといいでしょう。
例えば、「ウーーエイ」という掛け声。「ウー」の時に相手の目を見ている姿が生まれます。天狗が相手を威嚇しているようです。そして、「エイッ!」と動作をすると楽しくなります。
◎全員で練習し、動きを習得
◦支援者が先攻になり、参加者全員が守備側になります。一斉に行い、動きを習得します。引っかかった人には座ってもらうようにすると、勝ち残り戦ができます。
◦慣れてきたら、5~6名ぐらいのグループで先攻役を交替しながら行います。
◎勝負に緊張感を高める演出を
◦勝ち抜き団体戦、トーナメントや5本勝負など、グループ内の役割分担をして、使命感を持たせると迫力のある勝負が展開されます。
◦観戦する者の面白さも加わり、勝負の一喜一憂が共有されます。

参加者への配慮

○高齢者
 頭を使うゲームなので、脳トレになることを事前に伝えると、真剣に楽しむようになります。
○子ども
 低学年の場合、“おでこ” “あご” “右のほお” “左のほお” のいずれか4ヶ所にして、毎回鼻からはじめ、必ず移動するルールで行うと理解しやすくなるでしょう。

絶妙!声かけのキモ

実際にゲームを行う際の重要な声かけや、動きの指示がけに注意して行うと、ワンランクアップ!
「モデル効果」 「いつの間にか目と目を見つめあっています」ということがそれとなく伝わるように言葉を掛けましょう。モデル効果を活用することがポイントですね。説明中に、真剣に見つめあって展開している2人をモデルとしましょう。「この2人の素晴らしいところは・・・」と問うと参加者から声が上がります。「目を見つめ合っている」「掛け声が相手を呑み込んでいる」など。「ではみなさんも2人のようにいろいろ試してみましょう」と展開していきます。
一覧へ戻る