ジャンケン・チャンピオン

ジャンケン・チャンピオン


公開日
2019年3月6日
Message Sharer Tweet

ジャンケン本来の勝負の楽しさと、列をいかに長くしていくかというゲーム

あそぶ人数
あそぶ人数
制限なし
使う時間
使う時間
15

進め方

①2人でジャンケンをします。
②負けた人は勝った人の後から、両肩に両手をのせてつながります。
③次に対戦相手をさがし、先頭同士がジャンケンをして、負けた組は勝った組の最後尾の人に繋がります。
④この要領で進めていき、2列になったらストップし、決勝戦をします。勝った人がチャンピオンになります。

ポイント

◎ジャンケンに一工夫
◦ジャンケンの前に自己紹介やあいさつを入れて行うこともできます。
◦一番後ろの人が、出すものを前の人に伝え、伝言ゲームを使ったジャンケンにすることもできます。
◦一番負けた人や一番後ろの人が対戦することもできます。
◦リズムに乗って行うのも楽しいです。例えば「ジェンカ」の曲を流してみんなでステップを踏みながらジャンケンを行います。ステップ:「右→右→左→左→前→後→前→前→前」
◎決勝戦の演出がポイント
◦最後は3本勝負にします。
◦後ろの人は座り、先頭の2人の勝負が見えるようにしましょう。掛け声「ジャンケン・ポン」を一斉にかけます。
◦チャンピオンが決まったら、チャンピオンを紹介したり、賞賛することを忘れずに。
◦最後は一円にして、次のゲーム展開へ。

参加者への配慮

○子ども
 子どもの場合はいつまでも1人や2人のままでジャンケンをしない子がいます。ジャンケンをしないで逃げ回る子どもたちへの言葉がけが重要です。<例>「5回連続で勝つとチャンピオンになれる!」、「ジャンケンをしない2人組を見つけたら、リーダーがタッチしてアウトにします」等、自然に参加するよう促す言葉がけを行いましょう。ジャンケンで負けた人は勝った人の股をくぐったり、馬跳びをして、後ろに付きます。
※あまりに大人数で行うとかなり時間がかかるので、人数に応じて行います。

絶妙!声かけのキモ

実際にゲームを行う際の重要な声かけや、動きの指示がけに注意して行うと、ワンランクアップ!
「チャンピオンになるには」
 最後まで残り、勝つとチャンピオンになれます。「チャンピオンになるには5回以上勝たないとなれません」という条件めいたことを投げかけておきましょう。
一覧へ戻る