重ね手たたき

重ね手たたき


公開日
2019年3月6日
Message Sharer Tweet

たたく方と逃げる方、どちらが早いかを競う楽しさと、いつリーダーの合図があるかを待つ緊張感です。

あそぶ人数
あそぶ人数
2人から
使う時間
使う時間
10

進め方

①支援者の「1」の声で、グループの誰かひとりが左手の手のひらを下に向けて、円の中央に出します。「2」の声で、その隣の人が左手を出し、「1」で出した人の手の上に重ねます。
②「3」「4」と同様に重ねていき、左手が出尽くしたところで今度は右手を同様に重ねていきます。
③左手も右手も出尽くしたら、今度は一番下にある手を一番上に重ねていきます。
④支援者は、番号を言いながら、適当なところで「ドカン!」と合図。一番下に手があった人は、その手をすばやく抜き、他の人の手を上からたたきます。
⑤それ以外の人は、手をたたかれないようにすばやく引っ込めます(自分の手もあることを忘れないようにしましょう)。

ポイント

◎ドキドキ感を演出(緊張感を高める声のかけ方)
◦例えば、“番長皿屋敷”のお皿を数えるイメージ。「いちま~い・にま~い・さんまーい・・・」などと声のトーンを変えたり、急に大きな声で数字を言うとみんな逃げてしまいます。音楽で言う休符の持つ意味が、間合いのポイントです。
◦たたく言葉は「うらめしや!」でも盛り上がる。その合図を送るときに「もみじのような手が3枚・・・、グローブのような手が5枚・・・」等で注意をそらし、いきなり「うらめしや!」といくと効果的です。
◎説明を段階的に行う
◦ゲームを行いながら、ルールを説明していくことが大切です。
◦まずは右手だけで行い、次に左手だけ、その後両手で楽しみます。動きはCSSプロセスを使い、注目させると効果的。良い動きを披露してもらい、参加者全員がさらに良い動きを目指すよう雰囲気づくりを心がけます。反射神経、運動能力向上にもつながります。
◎間違えた人へのフォローも
◦間違ってたたいたりする人が出てきますが、リーダーの声かけで和ませることが大切です。
◎交流段階で行うと効果的
◦ある程度の緊張がほぐれ、仲間との一体感、仲間意識が共有される(交流段階)時に行うと効果的です。
◦2人組からスタートし、4人、円形と徐々にグループの人数を増やしていくとよいでしょう。
〈難易度を上げたあそび方〉
①円形になり、全員の右手を重ねます。
②右手の上に左手を重ねます。
③支援者の掛け声とともに手を移動します。
「ハイ」という言葉で、一番下の人の手を一番上に重ねます。
「イハ」という言葉で、一番上の人の手を一番下に重ねます。

参加者への配慮

○高齢者
 上肢の機能訓練を兼ねて行います。動きを重視するために、スロースピードで行いましょう。
○子ども
 手を重ねるときに、人の手を強く押さえてしまう場合があるので、優しく重ねるように伝えましょう。
 毎回たたかれる子どもがいる場合、落ち込まないような言葉がけが必要です。

絶妙!声かけのキモ

実際にゲームを行う際の重要な声かけや、動きの指示がけに注意して行うと、ワンランクアップ!
「恐怖感を演出」
 『手を叩ける』というゲームですから、恐怖を演出しましょう。番号を言うにもただ単に数字の羅列ではつまりません。番長皿屋敷にすれば「一枚」の数え方が「いちま~ぁい・・・」となるでしょう。
一覧へ戻る