ほっぺさわり番号送り

ほっぺさわり番号送り


公開日
2019年3月6日
Message Sharer Tweet

自分の意志で、ゲームのリズムをくずすことができるところ、言葉と動作を一緒に行う難しさに楽しさがあります。

あそぶ人数
あそぶ人数
5人から20人まで
使う時間
使う時間
15

進め方

①円陣になって座り、自分の「ほっぺ」の左右どちらかをさわり、さわった側にいる人に番号を送っていきます。
②「1」といいながら右の「ほっぺ」をさわると右隣の人に次の番号が送られ、逆に左の「ほっぺ」をさわりながら「1」と言えば、左隣の人に送られます。
③番号を送られた人は、左右の「ほっぺ」のどちらかをさわりながら「2」と言います。「3」、「4」も連続して行っていきます。
④「5」の倍数に当たった人は、「ほっぺ」をさわらずに、額に左右の手のどちらかをあてて遠くを見る格好をします。この時、次の番号は手の指先の方向の人に送られます。左右どちらかの人しか指せません。
⑤言うべき人が数字を言わなかったり、途中でつかえたら、アウトになります。陣になって座り、自分の「ほっぺ」の左右どちらかをさわり、さわった側にいる人に番号を送っていきます。20まで行ったら今度は逆に19、18、17…と1に戻る展開にすると良いでしょう。

ポイント

◎ルールの理解が重要
◦この動作を一度に説明してもなかなか理解してくれませんので、1つずつ理解してもらいましょう。練習が肝心です。理解できていない人がいたら、支援者が隣に移動して、オーバーアクションで動きを伝えましょう。
◦「ほっぺ」の練習は左右・両手など、それぞれ手の動きを練習してから行うとスムーズ。
◦間違った人がいたら、全員で「カーン」と言ってその人を指さすようにすると、間違った人も気づき、参加者がルールを理解しているか判断できます。
◎みんなが楽しめる配慮を
◦数字は大きな声で、はっきりと言うようにしましょう。
◦一箇所に動きが集中することがあるので、支援者は輪に入って一緒に行いながら、一箇所に集中しないように配慮します。場合によっては、配慮する言葉がけも必要。
◦ほっぺをさわるとき、左右のフェイントをかけても楽しくなります。
◦慣れてくると、「5」の倍数の手の動き が個性的になり、笑いを誘います。
◎参加人数を考慮して行いましょう
◦人数は、10人ぐらいがベスト。5~6人で行うと早くめまぐるしくなります。20人になると順番がなかなか回ってこない人がでて、手持ちぶさたになります。
◦グループ対抗戦で楽しむこともできます。どのチームが一番早く50までいけるかに挑戦です。
 〈変化・発展〉
 ドビンゲームから発展したものです。「5」の動作をアレンジしても楽しめます。100から逆に数えると難易度アップ。

参加者への配慮

○高齢者
 ルールを理解するために、ほっぺの代わりに肩をさわると理解しやすくなります。
○子ども
 間違った人に「カーン」と言うルールは、信頼関係が十分な場合に行うと良いでしょう。
一覧へ戻る