反応拍手(別名:交差拍手)

反応拍手(別名:交差拍手)


公開日
2019年2月28日
Message Sharer Tweet

支援者の合図(手を重ねる)に対して、まちがって反応するところに楽しさがあります。
また、支援者の合図をリズミカルにしていくと、リズム感が出て楽しめます。

あそぶ人数
あそぶ人数
制限なし
使う時間
使う時間
--

進め方

①支援者は参加者に見えるよう、片手を上から下、もう一方の手を下から上に動かします。

②参加者は支援者の両手が重なるタイミングで拍手を1回します。

③これを何回かくり返して行います。

ポイント

◎見えやすい位置と大きな動作を意識して
支援者は、全員が見える位置に立つよう心がけます。横向きで行うと良いでしょう。団扇を使うのもオススメです。

◎適度なフェイント
ひっかけるためのフェイントが大切です。しかし、できるだけ、オーバーに、ダイナミックに、間をおいて、交差させない等。
フェイントを連続して行うと場が盛り下がるので、適度なフェイントを心がけましょう。また歌にあわせたり、声を出したりするなど、手と発声の両方を同時に行いながらフェイントをかけていくと、難易度がグンと上がります。

◎つどいフィナーレ(締め)は、三三七拍子と拍手
三三七拍子と拍手で終わり、お礼(ありがとうございました、等)で締めるとスムーズ。最後は、ゆっくりと大きな拍手ができるようにもっていき、交差させずに止めてフェイントをかけると、より楽しめます。

〈類似ゲーム〉
支援者の指示通りに反応して拍手するというゲームに、「買い物拍手」「数拍手」などがあります。

参加者への配慮

◎高齢者
大きな動作を行っている人や元気な人などを見つけ、CSSプロセスを使うなど、前向きな雰囲気作りを心がけましょう。

◎子ども
ゆっくり動くムーブメントスカーフを使うのがオススメ。スカーフが落ちてくる間に拍手を何回できたか競争してみましょう。手を重ねる時に汽車が走り出す「シュッ、シュッ、シュッ」というリズムに似せて行っても盛り上がります。
一覧へ戻る