数集まり(海外旅行バージョン)

数集まり(海外旅行バージョン)


公開日
2018年10月19日
Message Sharer Tweet

先生が発する言葉を聞いて、その文字の数だけの人数で集まる遊びです。文字の数で集団をつくらなければならないので、学級開き直後などで活用すれば、初めて顔を合わす子がいたとしても、ふれ合う機会が生まれます。

あそぶ人数
あそぶ人数
制限なし
使う時間
使う時間
--

用具の詳細・購入ページを見る

導入の言葉

*先生*
「これから集合ゲームをするよ。先生が指示した文字の数でグループをつくる遊びだよ。みんな先生の前に集まってね。」

遊び方①▶替え歌を覚えます。

*先生*
「これから先生とみんなで、ある歌を歌います。まずはその歌をみんなで覚えようね。その歌は「アイアイ」の替え歌で「海外旅行」という歌だよ。簡単だからすぐに覚えられるよ。」

POINT:先生に続く子どもたちの歌い出しは、先生が合図を出すなどして、子どもたちが同時に発声できるようにしましょう。

数集まり(海外旅行バージョン)(2-1)

遊び方②▶遊び方を説明します。

*先生*
「歌い終わったら先生が国の名前を言うから、その国の名前の文字数の人数で集まってね。集まったグループは手をつないで座ってね。」
「例えば、先生が「アメリカ」って言ったら何人で集まるのかな?」

*子ども達*
「……4人!」

*先生*
「そうだね。アメリカは4文字だから4人組みをつくるんだよ。」

POINT:具体例を示して説明しましょう。

遊び方③▶少人数での出会いをたくさんつくります。

*先生*
「それではゲームを始めるよ。」
「♪かいがい」

*子ども達*
「♪かいがい」

*先生*
「♪かいがい」

(省略)

*先生&子ども達*
「♪飛行機に乗って~」

*先生*
「タイ」

*子ども達*
「タイ。2文字。2人だ。」

POINT:はじめはなるべく「タイ」「チリ」「マリ」「インド」「リビア」など、少ない文字数をどんどん繰り返し、いろいろな子どもの出会いをつくりましょう。人数が少ないグループをつくるときは、一度グループになった人とは一緒になれないなどのルールをつくることで、たくさんの出会いがつくれます。

数集まり(海外旅行バージョン)(4-1)

遊び方④▶グループの人数を徐々に増やしていきます。

*先生*
「どんどん続けるよ。」
「♪かいがい」

*子ども達*
「♪かいがい」

*先生*
「♪かいがい」

(省略)

*先生&子ども達*
「♪飛行機に乗って~」

*先生*
「ウクライナ」

*子ども達*
「ウ・ク・ラ・イ・ナ? 5文字。5人だ。」

POINT:文字数の少ない国名から徐々に文字数を増やしていき、どんどん子ども同士の交流を広げていきましょう。

数集まり(海外旅行バージョン)(5-1)

用具の詳細・購入ページを見る

一覧へ戻る