忙しデート

忙しデート


公開日
2018年9月4日
Message Sharer Tweet

あらかじめ決められた5つの時刻に参加者同士がデートの約束をとりつけ、その後、相手と時刻と待ち合わせ場所を正確に覚えているかを競うゲーム

あそぶ人数
あそぶ人数
30人から80人まで
使う時間
使う時間
15

進め方

①リーダーは午前9時、正午、午後3時、午後6時、午後9時と3時間おきの時刻を板書し、参加者にスタートから制限時間の間に任意の5人とそれぞれの時間にデートの約束をし、待ち合わせ場所を決めるように伝える。

②参加者はメモをとることはできない。相手の顔と時刻、そして待ち合わせ場所を正確に覚えるのは自分の記憶だけが頼りとなる。

③こうして約3~4分の制限時間で、参加者は約束ととりつけていったん終了。その後、リーダーは「午後6時に約束をした人」という具体的な合図をし、参加者は自分の約束した人と再度出会う。

④どうしても記憶があやふやなため、余ってしまう人や迷子になる人が続出することになる。

ポイント

・なるべく早く約束を取り付けないと、自分の空いている時間にデートできる人がいなくなるということを伝えたほうがよいです。

・リーダーの指定した時間に、約束した人と2人組になるわけだが、その時に2人の記憶が正しいかどうか確認する意味で「私がセーノと言ったら、2人で声を揃えて待ち合わせ場所を言いましょう」などと展開しましょう。

・同じ時間に二重の約束をしてしまう(ダブルブッキング)人がいると迷子が多く出てしまうので、事前に二重の約束をしないように注意かけをしましょう。
一覧へ戻る