タクスポ ひもトレ

タクスポ ひもトレ


公開日
2020年5月22日
Message Sharer Tweet

「タクスポ」は、「CM中に」、「お風呂から出たら」など、生活の日常的な場面ごとに簡単にできるもの です。今回は、お風呂あがりのときに行うタクスポ「ひもトレ」です

あそぶ人数
あそぶ人数
1人から
使う時間
使う時間
5

用具の詳細・購入ページを見る

動画

進め方

①紐で肩幅よりやや狭めの長さの輪をつくります。

②肩の可動域として、まず両手をバンザイして、できるだけ肘を伸ばした状態で後ろに引きます(手のひらは向い合せ)。次に紐を手首に通し、輪がある程度のテンション(張り)を保ったまま同様に行います。肘がまっすぐ伸びて、より後方に引くことができます。

③腰の可動域として、まず「小さく前へ習え」のポーズで左右に身体をひねり後ろを振り向きます(腰から下は正面に固定)。次に紐を手首に通して行うと、振り向く角度がアップします。

④膝の可動域として、まず両足を肩幅に開いてゆっくり腰を落とし、膝を曲げていきます(無理のない範囲で)。次に、太ももの付け根と膝の中間点よりやや下に紐を通し外側に張りながら同じ動作をすると、紐を使わない時より屈伸運動が楽にできます。

楽しさ・ステップアップのポイント

*身体への気づきと運動効果を実感するスポレクワークとして、導入時に行うと効果的です。

*紐を使う前と後で身体の変化を少しでも自覚できると、楽しい気分になり参加意欲が増します。紐を短めにすると、より楽に動作ができます。

安全対策

*紐を外した後の効果は個人差があり、一気に改善するものではありません。やりすぎると関節を痛めるので注意してください。

効果・意欲を高める言葉がけ

*「 身体はもっと動く!」。自分の身体への思い込みをなくして、楽しく身体を動かします。

* 外側に紐を張る力を使うことで周辺の筋力を総合的に働かせ、動かしにくかった関節が不思議なくらい曲がったり拡がったりします。

* 正しいやり方を覚えれば、自宅で1人でも簡単にできます。

*変形性膝関節症などで関節に痛みがある人は、普段より痛みなく動かせます。「もう運動ができない」とあきらめていた人でも希望が持てるようになります。

参考資料

用具の詳細・購入ページを見る

一覧へ戻る