介護予防/認知症予防
進め!段ボール

進め!段ボール


公開日
2020年6月14日
Message Sharer Tweet

チームで協力して、ダンボールを高得点のエリアへ移動するように、お手玉をダンボール に当てるゲームです。目と手の協調性や、思いきり投げることで筋力増強・維持を引き出 します。

あそぶ人数
あそぶ人数
6人から
使う時間
使う時間
--

用意するもの

段ボール(大きさをさまざまに用意する)
お手玉
得点ライン用のビニールテープ
得点表

遊び方

①扇形の隊形を作る
②床にビニールテープで得点ラインを引く
③スタートラインに段ボールを置く。
④お手玉を1人3~5個配布する。
⑤開始の合図で、段ボールをねらってお手玉を投げる。
⑥段ボールが少しでも高得点のラインに届くように、チームで協力してお手玉を投げ、
段ボールを動かす。

進め!段ボール(2-1)

アレンジ・楽しさの工夫

・段ボールの大きさは、対象者に応じて変えましょう。大きいほうがお手玉は当てやすいです。しかし、大きくなると動きにくくもなります。
・ダンボールの中にお手玉などを入れて重さにも変化をつけてみましょう。
・ダンボールに当てるつもりで投げても、ふたをしてなけれぱ、ダンボールの中に入っ
てしまうことがあります。どちらが良いかは対象者を見て判断しましょう。
・得点は把握しやすいように、大きく表示しましょう。

言葉かけ

・「ダンボールをよくねらって、当てますよ!」、「少し傾いた右側をねらって、右!」などアドバイスをしましょう。
・「現在 5 点に到達!あと 10cmで 10点に届きます!」など実況中継をしましょう。

安全対策

・少しでもダンボールに近づこうと、前傾姿勢になりがちです。しっかり足の裏を床に
つけるように促しましょう。

参考資料

一覧へ戻る