全国ご当地マップ

全国ご当地マップ


公開日
2017年10月31日
Message Sharer Tweet

高齢者がいきいきと心ほがらかな暮らしを実現する(維持する)ためのきっかけになるレクリエーションプログラムです。

あそぶ人数
あそぶ人数
1人から
使う時間
使う時間
15

基本のあそび方

(1)利用者全員でマップの都道府県名を埋めます。いきなり全国を埋めるのは大変なので、例えば初日は東日本編、次の日は西日本編などに分けて行うとよいでしょう。

(2)続いて、都道府県に関するクイズにグループで挑戦してみましょう(例:「○○県の県庁所在地は?」、ある1都道府県の形を見せて「この県は何県でしょうか?」、「コウノトリをシンボルマークとしている都道府県は?」等)。いろいろな分野の問題を出し楽しんでみてください。

こんなあそび方もできます①

「全国ご当地マップづくり」
(1)日本白地図・マジックを用意してください(グループで実施する場合はグループの数だけ準備します)。

(2)「日本地図を使い、全国お薦めマップを作ります」と説明し、「まずは、皆さんにお薦めしたい場所を考えてみましょう」と促します。お薦めしたい場所とは、旅行に行って良かった場所(食べ物・観光地)、出身地、知人が住んでいる場所、これから行ってみたい場所など。3分程度時間をとり、発表してもらいます。たとえば「昔、宮城県の松島に住んでいて、あそこの景色は絶景で、花火大会も綺麗で、牡蠣も美味しいんですよ」という答えが出たら、松島の位置に印を付け、地図の余白に発表のポイントをメモします。

(3)同様に他の方にも発表してもらい、各グループの日本地図に印を付け、余白に皆さんのお薦めポイントを記入します(時間は、1グループ5人であれば1人3分程度の発表、計15分)。

(4)最後に、各テーブルで発表されたお薦めポイントを紹介していきます。

こんなあそび方もできます②

「様々なお題にチャレンジ!!」
(1)お題を変えながら、そのお題に合ったマップを完成させましょう。例えば、温泉地マップ、郷土料理マップ、祭りマップ、歴史…等。お題を変えて楽しむだけでいろいろな種類のマップが出来上がります。
一覧へ戻る