ペア・リング・キャッチ

ペア・リング・キャッチ


公開日
2017年10月31日
Message Sharer Tweet

向い合った2人が3つ以上のリングをまとめて投げ合い、トータルでいくつのリングをキャッチできるか、少人数で楽しめるあそびです(チャレンジ・ザ・ゲーム公認競技)

あそぶ人数
あそぶ人数
2人から
使う時間
使う時間
2

用具の詳細・購入ページを見る

動画

あそびの準備

人数:1チーム2人
隊形:ニュートラルゾーンをはさんで向かい、どちらか一方がリングを3つ以上持ちます。
用具:チャレンジ・ザ・ゲーム推進本部公認ゴム製リング3本以上

基本のあそび方(競技ルール)

(1)2人が握手したまま両手を広げた間隔の距離を測りラインを引きます(これがニュートラルゾーンとなります)。

(2)審判の合図とともにAは3つ以上のリングをまとめてBに向かって投げます。

(3)投げる時はリングを横に束ね4指を伸ばし、必ずリングの中に入れた状態でアンダースローで投げます。Bはそれをできるだけたくさんキャッチし、キャッチできたリングの数がカウントされます。

(4)続いて今度はBが、キャッチに失敗して落としたリングをすばやく拾い(Aも拾うことも可)、ニュートラルゾーンの外側に出てAに投げます(全部キャッチできていた場合はそのまますぐ投げます)。

(5)Aはそれをできるだけたくさんキャッチします。この時キャッチできたリングの数を。先ほどBがキャッチした数に加えます。

※競技時間は2分間とします。
※リングを5個以上で実施する場合は、競技時間が過ぎても、キャッチミスせずに続けている場合は競技を続行できます。この場合、キャッチミスまたはアウトとなった時点で競技終了となります。

こんな時はアウトになります

・ニュートラルゾーンの内側でスローイング、キャッチした時(ラインを踏むのも不可)。
・定められた持ち方以外でリングを投げた時。
・リングを地面につけた状態でキャッチングした時。
・競技時間の間で、投げるリングの数を変更した時。
・競技者以外の人(審判員を含む)が、故意にリングに触った時。

参考資料

関連リンク

用具の詳細・購入ページを見る

一覧へ戻る