TOPへ戻る > 子ども > 三密避けた学校レク > 漢字神経衰弱
三密避けた学校レク
室内あそび~子ども向け
学校レク
レク・ゲーム
漢字神経衰弱

漢字神経衰弱


公開日
2022年2月23日
Message Sharer Tweet

字が完成したときに、脳が活性化する!

あそぶ人数
あそぶ人数
2人から8人まで
使う時間
使う時間
--
マイレク追加
マイレクへの追加にはログインが必要です

必要な物品・設備

10cm角の段ボールまたは厚紙
〈漢字カードを作る〉
①1枚の紙に1文字ずつ、ワープロでフォントサイズ200ポイントくらいの大きさの漢字を12文字程度書くか、または手書きで12文字程度書く。
②段ボールまたは厚紙を、文字を書いた紙の数と同じだけ用意し、文字を
書いた紙をそれに貼り付け真ん中から切る。これを使ってゲームをする。
漢字神経衰弱(1-1)

遊び方

①漢字カードで使っている漢字をみんなで読み、興味を引き出す。
②全部読み終えたらカードを伏せ、よくかき混ぜる。
③全員でじゃやんけんを行い、めくる順番を決める。
④正しく漢字を作ることができた人が、できた漢字をもらう。
⑤たくさん漢字を作ることができた人が勝ち。

楽しさの工夫(演出のポイント)

・有名人や参加者の名前や四文字熟語などを使い、対象者がもっている興味や教養を引き出す。
・半分程度ゲームが進んだところで、中間得点を発表し、後半戦を盛り上げる。

言葉かけ

・半片を引いた後に「さぁ何という漢字ができるでしょうか」など、声かけをし、イメージさせることで積極性や意欲を引き出すようにする。
・うまく組み合わすことができたら「文字は何ができた?」と言葉かけを行ない、その文字を読んでもらう。

安全対策(個人への配慮、アドバイス、対処法)

・手が届かないところにあるカードは、指し棒などを使って指してもらう。


他のカテゴリーから検索



関連するあそび