アクティブプレースポット

アクティブプレースポット


公開日
2017年11月7日
Message Sharer Tweet

資格と指先から脳を刺激。さまざまな使い方が楽しめる

あそぶ人数
あそぶ人数
1人から
使う時間
使う時間
10

用具の詳細・購入ページを見る

あそびの概要・準備

足と手のシールを楽しく配列。その跡をたどるだけで、バランス感覚の向上や筋トレ効果があります。ダンスのステップをマスターするアイテムとしても活用でき、工夫次第でさまざまなあそびが楽しめます。

人数 1人~
適した場所 屋内、屋外
アクティブプレースポット(1-1)

必要な用具について

・ アクティブプレースポット(丸/直径25cm〉:6色各1枚)
・手(長さ19.5cm:6色各2枚)
・足(長さ22.5cm:6色各2枚)
・矢印(長さ38cm:6色各1枚)*6色とは赤・青・黄・緑・紫・オレンジです。
アクティブプレースポット(2-1)

アクティブプレースポット(2-2)

アクティブプレースポット(2-3)

アクティブプレースポット(2-4)

遊び方

ウォーキングトレーニング(歩行訓練)
(1)歩きたい歩幅に合わせて、フットをセットします。

(2)フットの上を歩きます。歩幅の調整は無限にできますが、無理のない範囲で行いましょう。自分の歩幅と違い、フットの歩幅に合わせることで、固くなりがちな股関節回りの刺激にもなります。


バランスゲーム
●ハンドバージョン(上肢のストレッチング効果)
(1)2チーム(1チーム2名)に分かれ、1チームにつきハンド10枚ずつに分けます。

(2)間隔が30cm程度になるように、好きな位置にハンドを壁に貼り付けます(裏面に両面テープ などで)。

(3)全員が、ハンドに合わせて手を置きます。

(4)支援者が移動させたい手を指示します(「右手、2つ以上離れた位置のハンドへ移動」、「左手、近くのハンドへ移動」など)。

(5)全員、その指示通りのハンドの位置に手を移動させます。

(6)手の移動ができなくなった人が出たチームが負けです。


●フットバージョン(下肢のストレッチング効果)
(1)2チーム(1チーム2名)に分かれ、1チームにつきフット10枚ずつに分けます。

(2)間隔が35cm程度になるように、好きな位置にフットを配置します。

(3)全員が、フットに合わせて足を置きます。

(4)支援者が、移動させたい足を指示します(「右足、 近くの位置のフットへ移動」、「左足、2つ離れた 位置のフットへ移動」など)。

(5)全員、その指示通りのフットの位置に足を移動させます。

(6)足の移動ができなくなった人が出たチームが負けです。


●総合バランス(上肢・下肢のトータルバランス感覚を養います)
(1)2チーム(1チーム2名)に分かれ、1チームにつきハンド10枚、フット10枚ずつに分けます。

(2)チーム毎に、好きな位置にハンドとフットを配置します。

(3)全員が、ハンド・フットに合わせて四つんばいになります。

(4)リーダーがジャンケンをし、勝ったチームのリーダーは、負けたチームに移動させたい手・足を 指示します(「右手を近くのハンドへ移動」、「左足を近くのフットへ移動」など)。

(5)負けたチームは、その指示通りのハンド・フットの位置に、手・足を移動させます。

(6)バランスを崩して、体勢を保てなくなった人が出たチームが負け。


★注意事項
転倒などを伴う場合がございます。対象者の身体状況に合わせて、十分注意しながら行ってください。

こんな遊び方もできます

「ダンスのステップを覚える」
遊び方:ダンスのステップ、足を運ぶ位置にアクティブプレースポットを配置し、リズム良くステップを踏むことで、ステップを学ぶことができます。音楽に合わせてダンスすることでより効果的になります。

フォークダンス
フォークダンスは、みんなで踊ることに意味があり、誰にでも踊れるダンスです。大勢で踊るということが大切であって、あまり厳しい型にはめ込む必要はありません。みんなが同じ目的を持って、楽しく踊ることで一体感を感じることができます。

スクエアダンス
アメリカ西部開拓時代に生まれた8人1組の踊りです。一般のフォークダンスとは違い48の動作を覚えるだけで、踊る事ができます。コーラーのコールに従って、カントリー&ウエスタンメロディに乗り軽快に踊ります。

ラウンドダンス
フォークダンスのように円(ラウンド)になって、ダンサーが全員同一方向へ動いていくダンスです。ワルツ、タンゴ、チャチャ、ルンバ等の曲とともに、必ず動きを指示するキューイング(スクエアダンスのコールと同じ)によって踊っていきます。

レクリエーションダンス
流行のメロディーやリズムに合わせて踊られるのが特色で、伝統にとらわれず、創作する楽しみが味わえるので愛好者が広まりつつあります。また、指導者の簡単な説明で、誰もがすぐ楽しめます。最新流行の曲や、演歌なども使用されています。
アクティブプレースポット(4-1)

用具の詳細・購入ページを見る

一覧へ戻る