おうちの中で楽しめる運動・あそび ~シニア向け~
何色?

何色?


公開日
2020年5月23日
Message Sharer Tweet

たくさんのボールの中から、指示のあった色のボールを素早く取るゲームです。敏捷性を養い、的確な判断力を引き出します。

あそぶ人数
あそぶ人数
2人から
使う時間
使う時間
--

用意するもの

5~8色のシュレッダーボール
(使用する道具の作り方参照。色付きのボールであれば、大きさや種類にこだわらず何でも可)
取ったボールを入れる箱

道具の作り方

何色?(2-1)

遊び方

①参加者を、テーブルの周りに誘導する
②テーブルの上に、シュレッダーボールをたくさん広げる。
③リーダーの指示のあった色を、素早く取る。
④1回につき 1個しか取ってはいけない。
⑤チーム対抗で、シュレッダーボールをいくつ獲得できるかを競う。

何色?(3-1)

アレンジ・楽しさの工夫

・大きな声で、はっきりと色を伝えます。言葉を使わずに、色付きのボードを利用して、同じ色のシュレッダーポールを探すようにすると、難聴などに関わらず楽しめます。
・指示を出す色は、まずは1色から始め、慣れてきたら一度に2種類の色の指示を出して、難易度を上げて楽しむこともできます。
・テーブルの上に乗せる各色のシュレッダーボールの個数はそのつど変えてみる。
・テーブルの上に乗っているボールの個数には限りがあり、あまりにも偏った人ばかりが取らないように、 1人2個までなど制限をつけると、他の方が取れる確率が上がります。

言葉かけ

・「ピンク色のボールを取ってください!」
・「次は、赤色と青色ですよ!」


参考資料

一覧へ戻る