おうちの中で楽しめる運動・あそび ~シニア向け~
バンチ&キック

バンチ&キック


公開日
2020年4月16日
Message Sharer Tweet

パンチやキックで新聞を思いきり突き破るゲームです。ストレス発散には最適です。上肢・下肢の運動能力の向上や、集中力・注意力を引き出します。

あそぶ人数
あそぶ人数
制限なし
使う時間
使う時間
--

手や足で新聞紙を破れる人に

《用意するもの》
古新聞(全版 2/1切り・ 1/4切り)

使用する道具の作り方
矢印の方向が破りやすい

バンチ&キック(1-1)


《遊び方》
新聞紙の全版、1/2切り、1/4切りを多めに用意する。
<その1>
・参加者の胸の前正面に、スタッフが新聞の両端をピンとはって広げて立つ。
①参加者は新聞の中心あたりをねらって、上から下へ腕を振り下ろして新聞を破る
②参加者は新聞の中心あたりをねらって、胸の前から前方へ腕を突き出し、新聞を突き破る

<その2>
・スタッフが、参加者の下肢の前で、足を蹴り上げやすい位置に新聞の両端をピンとはって広げて座る。
①参加者は足を蹴り上げ、新聞を破る
②参加者は足を振り下ろし、新聞を破る

アレンジ・楽しさの工夫

・もともとの新聞の纎維の方向に破るほうが、破りやすいようです新聞の方向を確認しましょう
・新聞の大きさは、参加者の状態に応じて変えましょう。マトが大きいほうが当てやすくなりますが、大きくなると破る面も大きくなることを忘れずに!
・新聞がピンと張られている状態が一番破りやすくなります。しっかりと新聞紙を握りましょう。
・広げる位置は、参加者一人ひとりの身長や、関節の可動域により異なるため、柔軟に変更しましょう。
・力のあり余っている方は、何枚か新聞を重ねて負荷を上げましょう。
・力の弱い方などは、ペットボトルや棒を用いてパンチすると破れやすくなります。

言葉かけ
「日ごろの嫌なことを、全部この新聞にぶつけてすっきりしちゃいましょう」などと参加者が思いきり新聞紙を破るように促しましょう。
安全対策
・足の裏をしっかり床に着けましょう。
・下肢で行なう場合は、バランスを崩しやすいので注意しましょう。

活動の実践から
・新聞がピンとはられていれば、多少力は弱くとも破ることができます。あまりにも破れないときは、参加者に気づかれないように、上か下の部分に少し切れ目を入れるとよいです。

バンチ&amp;キック(2-1)



参考資料

一覧へ戻る