おうちの中で楽しめる運動・あそび ~子ども向け~
何の音?

何の音?


公開日
2020年4月29日
Message Sharer Tweet

前もって確認した物品を、中身の見えない容器に入れ、振った音で中身を当てるゲームです。 確認した物品を記憶し、どんな音が出るか想像することで思考力・記憶力を引き出します。

あそぶ人数
あそぶ人数
制限なし
使う時間
使う時間
--

用意するもの

ふたつきのプラスチック容器(中身が何であるか見えないもの)中に入れるもの(ピンポン球、ミニカー、ヌイグルミなど)大きなダンボール

遊び方

①テーブルの上に、5つ程度の品物を並べる
②品物が何であるか確認し、参加者自身が実際に手にとって手触りなどを確かめる。
③リーダーが品物を回収し、大きなダンボールに入れる。そのダンボールの中で、参加者に見えないように、 5つの中の1つを、中身の見えないふたつきの容器に隠す。
④容器を振って音を出して、参加者はその音を聞いて容器の中身が何であるかを当てる。

アレンジ・楽しさの工夫

品物は、材質の異なるもので、いろいろなものをたくさん用意しましょう
・音が聞こえなくては、ゲームが成り立ちません。用意した容器に入れて、多少激しく振っても壊れないようなものを用意しましょう
・中身の見えない容器を準備できない場合は、容器に紙などを貼って、目隠しをしましょう。
・対象に応じて、用意する品物の数を変えましょう。

何の音?(3-1)

活動の実践から

簡単そうに見えて、何を振っても同じ音に聞こえてしまう方もいらっしゃって、「あれじゃない?」「きっとあっちだよな」などと隣同士で話が盛り上がっていました。

参考資料

一覧へ戻る