レクリエーション・ゲーム
弟子ジャンケン

弟子ジャンケン


公開日
2018年9月11日
Message Sharer Tweet

相手につられて動作や唱える言葉を間違えてしまうと、笑いが生まれます。同時に、声を出しながら動き、長く間違わずに続けるところにも楽しさがあります。

あそぶ人数
あそぶ人数
2人から
使う時間
使う時間
10

用具の詳細・購入ページを見る

進め方

①2人で向かい合い、「でし、でし、でし」と声をかけながら、3度目の「でし」でジャンケンをします。あいこの場合は、1回だけ「でし」と言ってジャンケンをして、勝負が決まる まで「でし・でし」と続けます。

②ジャンケンで勝負が決まったら、次の言葉と動作をお互いが素早く同時に行います。(勝った人)「あなたは私の弟子」と言います。動作は「あなたは」で両手を前に出し、「私の」で両手を胸に付け、「弟子」で次のジャンケンをします。
(負けた人)「私はあなたの弟子」と言います。動作は「私は」で両手を胸につけ、「あなたの」で両手を前に出し、「弟子」で次のジャンケンをします。

③連続して、言葉と動作が速く正確にできた方の勝ちとなります。
弟子ジャンケン(1-1)


ポイント

◎言葉と動きの練習を十分に行います
まずは、「ジャンケン・ポン」で練習。勝ったら両手を挙げてガッツポーズ、負けたら両手を胸にクロスさせてがっかりポーズ。
弟子ジャンケン(2-1)

ジャンケンをしながら、言葉の練習を支援者対参加者で行います。慣れてきたら、動作も付けて行います。

◎リズム・テンポを大切に
お互いテンポ良く行いましょう。テンポを崩さないように行うのがコツです。徐々にスピードアップすると難易度が増します。

◎気合いと元気が大切
相手を自分の動作に引き込むように「大きな声、大きな動作」で行いましょう。 

参加者への配慮

参加者にあわせて目的と難易度を設定しましょう。
○高齢者の場合は、コミュニケーションを促進。勝ち負けを競うだけではなく、2人で協力して長く続けられるかを競争しても楽しめます。

○子どもの場合は、達成感を高めましょう。代表制にして、対抗の勝ち抜き戦で行います。

用具の詳細・購入ページを見る

一覧へ戻る