レクリエーション・ゲーム
ダルマさん

ダルマさん


公開日
2018年9月11日
Message Sharer Tweet

リーダーが参加者に、ある動作をするように命令するゲーム。
「ダルマさんの」言葉がつかない時も、つい、間違ってリーダーの命令に従ってしまうところにおもしろさがあります。

あそぶ人数
あそぶ人数
制限なし
使う時間
使う時間
5

用具の詳細・購入ページを見る

隊形

一重円、扇形などリーダーに注目が集まりやすい形が望ましい。

進め方

①支援者がある動作をするよう参加者に伝えます。

②動作を行う前に「ダルマさん」という言葉がついた時だけ、言われた動作を行います。
 例:「ダルマさん、右手を上げて下さい」→参加者は右手を上げる。

③ダルマさん」という言葉がつかない時は、従ってはいけません。
 例:「左手も上げてください」→左手は上げない。

④支援者はメンバーが間違えるように「ダルマさん」という言葉を入れたり、入れなかったりして行います。途中で「今まで間違えていない人は手を上げて」という質問をすると、必ず何人かは手を上げてしまいます。「ダルマさんが入っていないよね」と言うと笑いが出てきます。
ダルマさん(2-1)

ポイント

◎始まりと終わりを明確に
「今から、ダルマさんゲームを始めます」……「これでダルマさんゲームを終わります」等、ゲームの始まりと終わりをはっきりさせます。この指示が無いと、おもしろさが欠け、しまりがなくなり、何処でゲームが終わったのか不明瞭になります。

◎テンポ・タイミングが大切
テンポを崩さず、流ちょうに。たどたどしかったり、間があいたり、どもったり、つっかえたりするとおもしろさが無くなります。引っかけの問題の比率は、最初は少なめで徐々に割合を増やすと良いでしょう。しかし、引っかけ問題を連続させるとおもしろさが無くなります。

◎事前に流れの予習をしっかりと
テンポ良く、引っかけ問題の比率を考慮しながら、動きを一緒にできるよう事前の準備が必要です。最初は一緒に動きますが、後半戦では、慣れてきたら引っ掛けの動きを行うと、つられる人が出てきます。

参加者への配慮

◎高齢者
立った姿勢からスタートした場合、様子を見て、途中の指示で座らせます。その後、座った状態で続けると良いでしょう。

◎子ども
4-5歳児ぐらいには、『「ダルマさん」が付いたよね』と、言葉と動作の一致を確認しながら行います。小学生では、「誰が最後まで間違えずに出来るかな?」とやる気を喚起するのもおすすめです。間違えたら座ってもらい、審判役になってもらいます。ダルマさんをアニメキャラに変更しても楽しめます。

用具の詳細・購入ページを見る

一覧へ戻る